テーマ:

本屋さんのダイアナ

境遇が異なる女の子2人の成長物語。 「境遇が異なる」とはいえ、ダイアナのお母さんは綾子さん側の世界の元住人。 ならば、ダイアナが中学受験したいと言った時に、なぜ応援しないのか?自分の父母(ダイアナの祖父母)と和解し、スポンサーになってもらうという選択肢もあったはず。 この後、ストーリーは主人公2人の周囲の人物がいろいろ繋がっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして、きみが教えてくれたこと

父親の死去で生まれ育ったテキサスの町から北部ミシガンへ引っ越した少女(レイク)が、通り向いに住むウィルと出会う。 主人公達が互いに好きであっても結ばれない事情(という程でもないが…)。 さらに追い打ちをかけるような母親の病気。 アメリカらしくポエトリーリーディングが絡むけれど、ストーリーは少女マンガによくあるパターン。 ☆3つ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静かの海

就活中の大学生と小学生の夏から春までのストーリー。 面白いことは面白いが、主人公の小学生は心情が大人過ぎる。その一方で、大学生が鈍すぎる。 メルヘンという理解だけど、小学生の子供を持つ親ならばちょっと心配な小説。 ☆ 3つ 静かの海 あいいろの夏、うそつきの秋宝島社 筏田 かつら Amazonアソシエイト 静かの海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロボット・イン・ザ・ハウス

タングとベンの話の続編。 今度はジャスミンという新型ロボットが現れ、赤ん坊のボニー、妻のエイミーとの3人+2体の生活が始まる。 ストーリー的に続編は難しかったか!? ☆3つ ロボット・イン・ザ・ハウス (小学館文庫)小学館 2017-11-07 デボラ インストール Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンドローム

謎の火球が落下し、街は大規模な陥没が起き、中間テストを控えた高校は谷底に転落。おまけに、人を襲う異生物が現れる。 しかし、主人公の「ぼく」はクラスメイトの久保田が気になって仕方がない。 ストーリーはこんな感じ。 主人公に感情移入できないし、作者の言葉遊びに付き合わされている気がして、全く楽しめなかった。 ☆1つ シンドロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もういっかい彼女

題名と表紙の写真に騙された。 老作家の妄想を、出版社の編集者が聞く話。 トリックは面白いが、若々しさのない話。 ☆2つ もういっかい彼女小学館 松久 淳 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天と地の方程式

古事記をベースにした異世界から現実社会が襲われるというSFジュブナイル。 主人公の能力をストーリーの中に落とし込んでいる点はすごいが、登場人物がこれといって成長するわけでもないので、最終的には今一つ。 ☆2つ 天と地の方程式 1講談社 富安 陽子 Amazonアソシエイト 天と地の方程式 2講談社 富安 陽子 Ama…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まともな家の子供はいない

女子中学生の夏休み 父親は失業中。 塾の宿題を皆で見せ合って済ませる子供たち。 さもしい人々。 ☆1つ まともな家の子供はいない (ちくま文庫)筑摩書房 津村 記久子 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君に恋をするなんて、ありえないはずだった

千葉県南総にある県立高校に通う地味で冴えない男子(飯島)は、理系クラスで灰色の青春を過ごしていた。 ところが、夏休み直前に行われた勉強合宿の夜、クラスメイトで学年ナンバーワンの美少女(北岡)が困っているところを何気なく助けたことで、飯島君は北岡さんに気に入られてしまう。 しかし、彼女が話しかけてくるのは、いつも学校の外だけ!? 高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この恋と、その未来

テーマはとても興味深いのに、6巻のストーリーの中で主人公 四郎がどんどんクズになっていく。 これはないわ。 ☆2つ この恋と、その未来。1 -一年目 春- (ファミ通文庫)KADOKAWA / エンターブレイン 2014-07-30 森橋 ビンゴ Amazonアソシエイト この恋と、その未来。 -一年目 夏秋- (フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝説のエンドーくん

市立緑山中学校で語りつがれる伝説のヒーロー「エンドーくん」。 彼にまつわる落書きと中学2年生担任の先生達のエピソード。 悩みながら一生懸命に生徒と向き合っている先生のストーリー。 こんな先生居たな、居たらいいなと思える素敵な学園小説。 ☆4つ 伝説のエンドーくん (小学館文庫)小学館 2018-06-06 まはら 三桃 A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁を壊す

DOWAホールディングス会長・CEOの著書。 7年で経常利益を10倍にしたらしい。 社長というトップが強権でルールを変更し、後は社員に「何とかしろ!」と丸投げで任せる構図。 うまくいくかは部下次第だが、成功すれば社長の成果になる。 この人の下では働きたくない。 最後の方で現地現物を見るということが書かれているが、いかにも取って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王妃の帰還

女子校を舞台にした生徒達のストーリー。 生徒に1番、2番の序列があって、グループ間に軋轢があって…。 女子校、こわい ☆4つ 王妃の帰還実業之日本社 柚木 麻子 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少女は卒業しない

意外に楽しめた。 3月26日に廃校・取り壊しになる高校の卒業式にまつわるオムニバス7編。 在校生代表の話が好きだ。 ☆4つ(甘め) 少女は卒業しない集英社 朝井 リョウ Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋する寄生虫

年の離れた若い男女が恋に落ちるが、それは寄生虫のためだったというストーリー。 最後、ちょっとだけ佐薙の明るい未来を暗示するような文章があるような気がして、そこにすがりたい気分。 「佐薙は彼の腕の中で泣き続けた。これまでの分も、そしてこれからの分も。」 ☆4つ 恋する寄生虫 (メディアワークス文庫)KADOKAWA 2016-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デザイン思考が世界を変える

IDEO CEO ティム・ブラウンのデザイン思考本。 デザイン志向とあなたの組織  スタートからかかわる  人間中心アプローチを尊重する  早めに何度も失敗する  プロの手を借りる  インスピレーションを共有する  大小のプロジェクトを織り交ぜる  イノベーションのペースに合わせて予算を組む  才能発掘にあらゆる手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとめの流儀。

なぎなたをする女子中学生の話。 なぎなた部がある中学校は珍しいが、そこに入った1年生が2年生と二人で部活動に必要な人数を集めて正式な部とする。 さらに、文化祭で男子メンバーだけの剣道部とエキシビションマッチを行う、という話。 そこに、主人公の家族(両親は離婚している)とか、近所の公園にいる怪しげなおじさん、やる気のない「虫顧問」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きみのためにはだれも泣かない

高校生7人+中学生3人のオムニバス集。 ストーリーが若すぎて、おじさんには付いていけない。 ☆3つ きみのためにはだれも泣かない (teens’ best selections)ポプラ社 2016-12-07 梨屋 アリエ Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発想する会社!

IDEOのゼネラルマネージャーTom Kelleyの書籍。 写真満載で読みやすいが、実践できるかは微妙。 かなり優秀でないと時間・費用対成果の生産効率が悪そう。 イノベーションの練習のための秘訣 ・顧客を-顧客でない人びとをも-観察する。特に熱中している人がいい。 ・前向きな「ボディランゲージ」を従業員と訪問者に送れるような仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリネズミ乙女、はじめての恋

エンターテイメント小説。 芸人一家に生まれ育った女の子がペットショップのハリネズミと出会い、その掛け合いがネットで話題になって芸能界にデビューという話。 ラストまで一気に読ませるストーリーが良い。 ☆4つ ハリネズミ乙女、はじめての恋KADOKAWA 2016-12-23 令丈 ヒロ子 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石を抱くエイリアン

2010年に中学3年生だった子供たちのストーリー。 青春のエピソードがリアルな2010年の出来事と重なって同世代・前世代に受けそうな小説。 また、2011年3月の地震や原発のエピソードを絡め、大人も考えさせられる内容になっている。 タイトルでは内容が推察できず損をしているような小説。 ☆4つ 石を抱くエイリアン偕成社 濱野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物学科空手部卒業高田トモ!

3年から始まり、就活、卒業まで一気にストーリーは進む。 就活するトモという感じ。 ☆3つ 動物学科空手道部卒業高田トモ! (双葉文庫)双葉社 2014-04-10 片川 優子 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホリデー・イン

昔(2010年、2012年)、読んだホリデー・シリーズ(?)のオムニバス短編集。 だが、昔のストーリーは微かに覚えている程度で、ほぼ忘れてしまった。 続編と勘違いしてしまったのが間違い。 ☆1つ ホリデー・イン文藝春秋 坂木 司 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物学科空手部2年高田トモ!

高田トモの2年生のストーリー。 告られるダメトモという感じ。 ☆3つ 動物学科空手道部2年高田トモ! (双葉文庫)双葉社 片川 優子 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物学科空手部1年高田トモ!

大学生活と空手部と畜産と、3つのテーマをつなぐ青春小説。 気合が空回りして失恋してしまう話。 もう少し読んでみようと思う。 ☆3つ 動物学科空手道部卒業高田トモ! (双葉文庫)双葉社 2014-04-10 片川 優子 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロガラス5 青い目のふたご

例大祭の清い光の後、子供たちのパワーは格段にアップ。 友清の手紙を解読できない数斗は外部に助けを求める策を考え、最終的に提案は認められる。 そんな中、謎の青い目の双子の襲来。 星司の身に危機が迫り、間一髪で切り抜ける。 そして、千里は謎の究明のため本殿の中に入る。 本作では祖父 佐一郎がいい味を出している。 ☆4つ シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和菓子のアン

主人公のキャラが、いい加減で感情移入できなかった。 今どきの自分に甘い女性はこんな話が大好きだろうと簡単に想像できる内容。 ☆2つ 和菓子のアン (光文社文庫)光文社 2012-10-11 坂木 司 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風の向こうへ駆け抜けろ

蒼のファンファーレの前の話。 こういう話があってのG1での勝利(蒼のファンファーレ)に繋がるわけかと理解した。 こっちの方がダメダメでリアリティがある感じだが。 これはこれで面白い ☆3つ 風の向こうへ駆け抜けろ (小学館文庫)小学館 2017-07-06 古内 一絵 Amazonアソシエイト
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SHOE DOG 靴にすべてを

ナイキ創業者フィルナイトの自伝。 アシックスや日商岩井との関係など興味深い話が出てくるが、自伝なので話半分で聞くべき。 長年一緒に仕事をしていた人が他社の引き抜かれる程度の人物。 ストーリーとしては面白いが、一緒に仕事はしたくない、間違っても友人にはしたくない人だ。 ☆4つ SHOE DOG(シュードッグ)東洋経済新報社 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more